FX

Trade View(トレードビュー)のMAMは安全?出金拒否や詐欺に利用される可能性はあるのか

こんにちわ!

FX大好き関西人のオータムさんです!

海外FXブローカーの中でも、最近日本でも話題になり始めている

Tradeview(トレードビュー)

そんなTradeviewをこれから使ってみようかと、
興味を持っている人もいるかと思います。

ですが、海外FXブローカーを利用するのであれば、
国内ブローカー以上にセキュリティや安全性が気になるところですよね。

特に気になってくるのが、
「出金拒否(出金トラブル)」「出金できない」といった噂について。

そこで今回は、そんな気になるTradeviewの
出金拒否(出金トラブル)や出金できないと不安を解消していきます。

では、いってみましょう!

Tradeview(トレードビュー)の概要


TradeViewは2004年に設立された海外FX業者です。
カリブ海に浮かぶケイマン諸島のライセンスを取得しており、イギリスの法体制を基盤としています。
また、ケイマン諸島では投資保護機関「証券監督者国際機構(IOSCO)」にも加盟。

顧客の資金管理は、約1兆7400億ドルの総資産額を持つ
スペイン最大手の金融機関「サンタンデール銀行」で管理しています。

海外FXでは、マイナー国のライセンスを取得や、信託保全が組まれていない業者も多くある中で
TradeViewのライセンスや資産管理は、信頼性・安全性が高く、多額の資金を預けても
安心な業者のひとつとされています

MAMの危険性

mam.png

FXをやっている方であればMAMという取引方法を聞いたことがあ方も多いかと思います。

MAMとは、「Multi Account Manager」の略の投資の仕組みであり、コピートレードの一種です。自分持っているFXの口座に入れた資金を、トレードに使っている口座と紐付けることができます。この仕組みで、プロのトレーダーに資金を運用してもらう取引方法をとり「初心者でも簡単に稼げる」とトレンドになっていますね。

MAMは投資先にお金を預けるファンドとは違い、自分自身の口座に資金を用意して運用ができるため、お金を持ち逃げ去れることもなく安心して運用のもメリットのひとつです。さらに資金の入出金もいつでもできるので、便利なシステムとしてトレーダーに人気があります。使えるのならぜひ使いたいという人も多いでしょう。

Tradeviewでは、他のFXでは禁止されていることの多い「MAM」が利用できるというメリットがあるのですが、

しかし・・・

正直、MAMは優秀なトレーダーに当たるか当たらないか運要素が強く、かつ業者によっては詐欺事例もあり、安全性は高いとは言えません。

何も知らずに利用して、資金を溶かしてしまった・・・」

ということにならないようにMAMのリスクや危険性を押さえておきましょう。

MAMの詐欺事例

まずわかりやすくMAMのトラブルが起きているFX業者を2つご紹介します

業者① KOALA 

59 :名無しさん@お金いっぱい。
2019/11/21(Thu) 06:37:29 ID:vT71yCVK0.net

ここのMAM口座使ってるやついる?
KOALAってので8月末から100万で運用始めたんだけど含み損で大変なことになってる…9月はじめから握りっぱなしのポジあるから出金も無理…

64 :名無しさん@お金いっぱい。
2019/11/23(土) 03:09:09.23 ID:GJ6lrdiv0.net

>>59
俺はKOALAに10万預けてマイナス3万で引き上げたよ
一時は含み損が7万以上になってた
海外MT4口座のMAMに10万預けてコピートレード・ツール(自前のEA)で国内MT4口座に100万を運用すれば税金と手数料が抑えられて出金も安全のはずだったけど勉強代が3万で済んで良かったと思う糞チューバーが皆プロのトレーダーに預けるから安心と言いながら含み損30%で低リスクなMAMだとか言ってる始末
結局、MAMなんて裁量でなくEAを動かして利益が出た時に手数料を取ってるかノミ屋の業者と結託して破産させるだけ

引用元:2ちゃんねる-【BigBoss】ビッグボス

業者② Brilliant One Forex

FX MAM で200万円で口座開設し投資していました。
月利益の50%が成果報酬、HWM方式、Brilliant One Forexという会社です。運営会社は海外です。
開始から8ヶ月程の運用で、9月1日地点で260万円くらいの残高でしたが、3日の朝残高を確認すると62円に。。。
強制ストップロス設定で過去最高月末純資産から20%ドローンダウンした地点で運用を強制終了する設定なのに、何故こんな最悪の事態になったにでしょうか。。間に合わなかったって事ですか?

放心状態です。。
この口座はほおって置いてもいいのでしょうか。。

引用元:Yahoo知恵袋-FX MAM で200万円で口座開設し投資してい

どちらも資金を溶かしていて、かなり恐ろしいですね・・・・

このように、MAMは魅力的な仕組みである一方で、
FX業者によっては非常に危険な運用になります。

特にネット上では、「MAMを利用すれば誰でも簡単に稼げる」と勧誘を行われていることも多いので
甘い言葉に騙されないように、信頼のおけるFX業者を予め押さえておくことが、何より重要です。

対策:信頼のおけるFX業者を選ぶ

はっきりいうと海外には、怪しく、安全ではないFX業者が乱立しています。
MAMを利用するしないに限らず、よく見られるトラブルが
「入金したら絶対にお金が戻ってこない」というもので、
いわゆる「出金拒否」「出勤できない」という事態です。

そこでオススメできるのが、ダントツでTradeviewトレードビュー)です。

TradeviewのMAMをおすすめできる理由

TradeviewのMAM口座は安心して使えるのか?
結論から言うと、安全なので心配いりません。
ただ、MAM口座の安全度が高いというわけではなく、
Tradeview自体が安全だからこそ、取引上も安全ということです。

Tradeviewは、あくまでMAMを提供しているだけで、
MAMの運用者自体はTradeviewとは無関係の人が運営をしています。

そのため、Tradeviewが安全なのは間違いないですが、
MAMを使う時には運用者の良しあしで安全かどうかが決まります。
たとえMAMの運営が悪質だったとしても、
Tradeview自体は金融ライセンスを所持しているので、MAMにも審査があります。
Tradeviewと取引があるMAMなら、審査に受かった場合のみなので、
その点で安全に利用できるということです。
そして
Tradeviewで出金拒否をされることはまずありません。
理由は2つあります。

1.Tradeviewは信頼性の高いFX業者だから
2.Tradeviewには制限されているトレードが存在しないから

Tradeviewに出金拒否がない理由①:信頼性の高さ

Tradeviewは、冒頭の概要にもあるとおり非常に信頼性の高いFX業者です。

信頼性を示す内容としては以下4点です

1.【営業年数】Tradeviewは2004年設立の老舗企業
2.【保有ライセンス】最難関の金融庁ライセンスの保持業者
3.【資金管理方法】顧客資金を厳しく分別管理している
4.【出金トラブル等の書き込み】SNSやネットの悪評がほとんどない

それぞれ解説してきます

1.【営業年数】Tradeviewは2004年設立の老舗企業

Tradeviewは、2004年から17年以上サービスを提供しています。

主な海外FX業者の運営開始年表

項目名ここに説明文を入力してください。項目名ここに説明文を入力してください。項目名ここに説明文を入力してください。項目名ここに説明文を入力してください。

項目名ここに説明文を入力してください。項目名ここに説明文を入力してください。項目名ここに説明文を入力してください。項目名ここに説明文を入力してください。項目名ここに説明文を入力してください。項目名ここに説明文を入力してください。

iFOREX1996年
Tradeview2004年
FxPro2006年
XM2009年
GEMFOREX2010年
LAND-FX2013年
AXIORY2013年
TitanFX2014年
is6com2016年
このように比較すると、
海外FXで日本人に最も人気のあるXMより歴史が長い業者だとわかりますね。

2.【保有ライセンス】Tradeviewはケイマン諸島の金融ライセンスを保有

次に、Tradeviewは、ケイマン諸島の金融ライセンスを保有した随一のFX業者であることも
信頼性の高さの裏付けといえますね。ケイマン諸島はイギリスの海外領土なので、原則イギリス国内の法律が適用されます。
イギリスと言えば、世界で最も厳しい金融ライセンスとされているFCAライセンスで有名です。
そして、ケイマン諸島金融庁、CIMA(Cayman Islands Monetary Authority)」と呼ばれ、
政府管轄の金融監督機関を指します。
FCAに準じるCIMAのライセンスも難関ライセンスと呼ばれており、
海外FX業者の中で取得しているのはTradeviewだけです。

日本でいうと、唯一金融庁から認定を受けた業者となりますね!
CIMAの認可を受けるためには、厳しい基準をクリアする必要があります。
CIMAに登録している事業者の義務として、以下のものが挙げられます
◆CIMAに登録している事業者の義務◆

・会計年度末から6か月以内に外部監査を受ける義務
・法令順守を証明する「コンプライアンス証明書」の提出義務
・企業情報の変更があった場合、7日以内に報告する義務
・毎月財務状況を報告する義務(月末、四半期末から15日以内に)
・決算時に貸借対照表と月次/四半期の財務報告の相違点があった場合の説明義務

引用:CIMA「Reporting Requirements and Schedule
なかなか厳しそうな義務・・・が課せられていることがわかりますね。

3.【資金管理方法】顧客資金を厳しく分別管理している

そして、Tradeviewは「信託分別管理」という方法で顧客資金を管理しています。

顧客資金はTradeviewの運営資金と完全に分けられており、
ロイズ銀行というイギリスの銀行に預けられています。

つまり、顧客の資金(あなたが投資した資金)を運営資金として使われることをしないよう
しっかり口座を分けて管理しているってことですね!

これは、仮にTradeviewがもし倒産してしまっても、 
預け入れた資金は全額顧客に戻せるよう管理をしているということです。

また、顧客資産の管理を行っているのは、FundAdministration社という、
Tradeviewと完全に切り離された第三の金融監督機関です。 

そのFundAdministration社とは信託保全の契約もしており、 
Tradeviewと顧客資金を管理している銀行の両方が倒産した場合は、

顧客1人あたり35,000ドル(約350万円)の預託補償が受けられます。

海外FXでは、顧客資金の分別管理を行っている業者は多いですが、
監督機関や銀行名を公表しているケースは少ないです。

情報公開の積極性が高く、顧客の資産保護にも力を入れていることがわかります。

4.【出金トラブル等の書き込み】SNS/ネットの悪評がほとんどない

そして、出金トラブルについてもネット検索しても、
ほとんど出てこないこともTradeviewの特徴です。

SNSやネットの書き込みでもほとんど出金に関する悪評が出てこないのは、

トラブルがなく、出金がスムーズに行われている証拠です。

唯一見かけるのは、
Tradeviewは出金から自分の口座までの着金までに数日かかる
という口コミです。

しかし、海外銀行送金を利用する場合に、着金まで時間がかかるのは
「海外FXを利用するなら避けられないデメリット」と言えるので
そこは他と比べても同じかもしれない点です。

Tradeviewに出金拒否がない理由②
制限されているトレードがない

海外FXのトラブルで多いのが、やはり

「トレーダーが利用規約違反をしたことで、業者から出金拒否をされてしまう」

といったケース。
例えば、以下のようなトレードを利用規約で禁止している海外FX業者は多いです。

●ゼロカットを狙い、ロスカットを前提とした取引
●他業者の口座と両建て取引
●窓埋めトレード・スキャルピングトレード

利用規約に書かれていることなので、禁止されているトレードをして出金拒否になってしまうのは「自業自得」と言えるかもしれませんが、

Tradeviewにはそもそも、禁止されているトレードが存在しません。

つまり、Tradeviewユーザーは

知らない間に利用規約違反をしていて、出金拒否になってしまうというリスクが無い

ということで、とても安心感がありますね
ほとんどの業者が禁止している「アービトラージ」や「複数口座間での両建て」も
禁止事項になっていません。

Tradeviewに禁止されているトレードがないのには理由があります。
これは「発注方式」「ロスカット水準」が大きく関わっています。

Tradeviewは完全なNDD方式を実現している数少ない業者

Tradeviewの発注方式は、NDD(ノンディーリングデスク)方式と呼ばれるものです。

これは、トレーダーから受けた注文を市場にそのまま流す発注方式を指し、トレーダーと市場の間にFX会社の為替ディーラーが介入しません。その為、取引の透明性が保たれ、リクオートやストップ狩り等、トレーダーに不利な現象が起きないということになります。

逆にDD(ディーリングデスク)方式と呼ばれる発注方式では、トレーダーと市場の間にディーラーが入ります。DD方式の場合、トレーダーの注文がディーラー内で処理され、市場に流さない事があります。ディーラーが注文を受けることで、FX業者はインターバンク市場にカバー注文を行う必要がなくなるので、その分手数料を浮かせられるという構図になっています。

DD方式の場合、スプレッドが狭くなるなどのメリットはありますが、取引が不透明になる為、「リクオート(約定価格の再提示)」や「ストップ狩り」など、トレーダーに不利な現象につながるリスクがあります。

海外FX業者では、主にNDD方式を採用している事が多く、国内FX業者では、DD方式を採用している事が多いです。ただ、ここで注意が必要なのが、

「NDD方式を謳っていても、完全なNDD方式ではない」という業者が多く存在する

ということです。。。

というのも、NDDには「STP方式」と「ECN方式」の2種類があり、前者のSTP方式というのは、トレーダーとカバー先の金融機関の間に注文を処理するコンピューターが配置されている取引方式です。予めカバー先から提示されているレートで最も条件の良いものに注文を割り振る方式なので、

「実際にどのカバー先と取引を行ったか」
「カバー先から提示されているレート」

までトレーダーが把握できるケースは少ないため、ブラックボックスになっていることが多々あるんです。。。

一方、後者のECN方式というのは、(Electronic Communications Network/電子商取引ネットワーク)方式の略で、インターバンク市場に直接トレーダーが参加する形で取引を行います。板情報など、実際の注文状況を確認しながら取引ができるので、最も透明性が高く、安全な取引方式と言えます。

NDD方式かつECN方式を採用場合は、A-bookの業者と呼ばれます。

A-Bookを採用しているという事は、シンプルに受けた注文は全て市場に流れ、他の市場参加者の注文とマッチングすることを意味していますが、業者側の収入は取引手数料のみになります。TradeviewのようなA-bookの業者が利益を出すためには、トレーダーに沢山取引をしてもらう必要があるので、禁止取引を極力設けずに、トレーダーに多くの取引をしてもらう環境を用意しているということなんです。

Tradeviewはロスカット水準が高めに設定されている

ロスカット基準が、出金拒否リスクとどう関係があるかと思う人もいるかと思いますが

結論からいうと、Tradeviewはロスカット基準100%という高い水準を設けることにより、禁止トレードや、禁止事項ないトレード環境、より規制違反が起こりにくい安心したトレード環境につなげているということです。

どういうことかというと、海外FX業者の平均ロスカット水準は20%~30%位であることが多いですが、この水準だとトレーダーがロスカットされる場合、マイナス決済になる事が多くなります。仮にマイナス決済になった場合には、トレーダー側の口座残高はゼロにリセットされ、FX業者側はそのマイナス分を補填する事になるんです。

その為、ロスカットギリギリでのハイレバトレード等を禁止していたり、指標発表時のハイレバトレードを禁止している業者もあるわけです。

Tradeviewでは、ロスカット水準が100%以下で設定されているので、マイナス決済でロスカットされる可能性が非常に低いです。

このような理由から、Tradeviewでは他の海外FX業者が禁止しているようなトレードも行う事が出来るのです。

まとめ

Tradeviewの信頼性について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 
注目のMAMの行うにあたっては、特にFX業者の信頼性がはずせません。

ライセンスや営業年数など、様々な視点から総合的に判断して、
Tradeviewは世界のFXブローカーの中でも
トップクラスの信頼性を誇るといっても過言ではありません。

「ボーナスがない」「ロスカット水準が高い」というデメリットもありますが、
無理な取引をしないトレーダーにとっては、Tradeviewの取引条件で十分という場合が多いです。

「ある程度まとまった資金が用意できて、着実に利益を伸ばしたい!」

という方には、Tradeviewでの取引がおすすめです!
===================================
最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回の記事はいかがでしたでしょうか?

Line@の友達追加してくれた方にはもれなく

7大特典を無料プレゼントします!

特典1
2021年最新月利40%のバランス型EAの参加利権

特典2
コロナ相場でも耐えた!スキャル型EA参加利権


特典3
スタートダッシュ資金マニュアル(EA運用特典)

特典4
超節税対策マニュアル(EA運用特典)

特典5
最先端の情報を共有し切磋琢磨する成長型投資コミュニティへの招待(EA運用特典)

特典6
有料級ビジネスマインドセミナー音声

特典7
FX初心者必見情報キャッチマニュアル

その他クローズドな情報も配信していきますので楽しみにしておいてください!
Line登録はこちらからお願いします。


友だち追加
友達追加で豪華7大特典をGET 今すぐ登録