CR2

効果的に勝率アップ!FX,バイナリーオプションで使えるトレード手法

FXの様々なトレード方法

FXには様々な用語とトレード方法があります。
専門用語を目の前にすると難しく感じるもの・・・
そこで!!

その取引方法は数え切れないほどありますが、今日はその中でも以下の4っつの手法をご紹介します。

ナンピン
マーチン
ナンピンマーチン
ダランベール

ナンピンとは

ナンピンは、含み損が出た時の手法の一つだと言われています。ただし、デメリットやリスクも大きいとされ、安易に始めるべきではない手法であるとも言われます。

ナンピンは、漢字で書くと「難平」になります。これは「難を平らにする」という意味であり、損を平均化することを指しています。
ナンピンは使い方次第で薬にも毒にもなる手法です。

ナンピンの手法としては手持ちのポジションのレートがマイナスになった際でも、損切をせずに買い増しをしていくのです。

これを繰り返すことで、購入時のレート平均値を下げることができ、損失を防ぐとともに、相場が良い方向へ動き出せば一気に大きな利益を得ることができるのです。
エントリーしたポジションがマイナスとなった時点で追加エントリーを繰り返す

これがナンピン買いと呼ばれるもので、実際こうした手法を使って利益を上げている投資家は少なくありません。

具体的には

「これからドル円が上がる!」

と考えて、1ドル100円で米ドルを買ったとしますね

しかし

その予想が外れて、価格が1ドル90円まで下がったとします。
このとき、さらにドル円を90円で買い増しするのです。

そうすれば、買いの平均価格は、「100円」と「90円」の間の95円になります。

その後、100円まで価格が戻らなくても、95円まで戻ってくれば

収支はトントンで逃げ切れるというわけです。

さらに、95円を超えると利益はプラスに転じるというわけです。

このように予想した動きと逆行した場合に、ポジションを増やして平均購入単価を下げるのがナンピンです。

ではなぜ難しい取引とされているのか?

ナンピンが初心者に向かないわけ

一つ勘違いをして欲しくないのがFXは投資です。ギャンブルではありません。
FXは決して宝くじが当たるような、パチンコで勝つような一攫千金の手段ではないのです。
私が初心者の時もそうですが初心者は相場の読みがもちろん甘いです。

「負けたくない」「一気に取り戻したい!」

気持ちでナンピン買いをしてしまうのは危険なのです!
ていうかそんな気持ちの時に冷静な取引なんてできない!笑

慣れている方はこの手法でトントンにもできますが初心者は損を増やしてしまうだけだと思うので安易な取引はやめましょう。

もし行うとしたらまず、一度だけ自分の相場感を確かめるために行いましょう。

マーチンとは

マーチンはマーチンゲール法の略で賭け事でよく使われる戦略の一つです。勝率50%のゲームで一度負けたら次の賭け金を倍にしてベットしていくことで、何連敗しても1度勝てば負け分を取り戻せるという手法です。

この手法をFXのトレードに応用されているのが「マーチン」と呼ばれてるものになります。

このように、1回でも勝てばこれまで負けた分のお金を取り戻せるのがマーチンです。

FXも為替が上がるか下がるかの50%とされています。
当然ギャンブル性が高く、一回一回のトレードにて負けるたびに、再び倍掛けでトレードをやるので、負けが込むと、冷静さも欠けて無駄なトレードをしてしまうようになり、すぐに資金が無くなるというリスクがあります。

そして勘違いしてはいけないのが
「勝率50%は二回やれば一回勝てるというものではありません」

いきなり1回目で勝てるかもしれなければ、100回負けて101回目で勝つのかもしれません。

ただ、手順としてはFXの予想が外れて負けた時に次の掛け金を2倍にするだけと非常にシンプルなためわかりやすい手法と言えます。

また一回でも予想が当たれば利益が出るので上がるか下がるかの二択を一回でも当てればいいと考えると最強の手法という考え方もあるかもしれません。

もちろん、必ず勝てるとは限らないことや資金がある程度必要な手法にはなるのでデメリットもたくさんあります。

無限にやり続けるのではなく大体、4回目の取引までに決着をつけるようにしましょう。

ナンピンマーチンとは

こちらもよく聞くFXの手法の一つです。

保有しているポジションがマイナス(含み損)になっているときにさらに追加でマーチンをしてナンピンしていくということです。

つまりナンピンする際に倍でエントリーすることです。


例えば先ほどのドル円の例で

100円で1万通貨『買い』エントリーして逆行し、99円になったとします。
そこで、今度は2万通貨で追加の『買い』エントリーをします。

そしてそこから上昇し、99.335円になりました。

この時、最初のポジションは-6,650円、2個目のポジションは+6,700円となり

+50円の利益となります。

単純に1万通貨でナンピンした場合は99.5円まで戻らなければ損失でしたが

倍額でエントリーすることによって、少しの戻りでも利益が出せるようになります。
もしこれで戻らないようなら

4万通貨で追加エントリー
8万通貨で追加エントリー
16万通貨で追加エントリー
32万通貨で追加エントリー
以下続く・・・

このように倍々でエントリーしていき、戻るまで待ちます。

何度もナンピンをするので非常に勝率の高い手法ではあります。

相場が一方向に大きく動き続けたときに耐えられないことがデメリットとしては挙げられます。
何度もナンピンすればいい話ではあるのですが資金が吹っ飛んでしまっては意味がありません。
なので行う時は損失を許容できる範囲で計画的に行いましょう。

負けてもトータルでプラスにするという考え方と使う資金を決めて行うのが鍵です。

ダランベールとは

天才数学者が編み出したとされる手法の一つ・・・(知らんけど)

ダランベール法とは簡単に言えば
勝ったときに1増やし負けたときに1減らすシステムです。

一気にお金が増えない側面、一気にお金も減りません。大勝ちも大負けもない、ある意味堅実な手法です。

つまりは1000円の賭けなら、次は1000円増やすという事です。
1度負けたら次の賭け金が倍になるのはマーチンゲール法と同じですが、2連敗した場合、次は3000円なので3回目以降を見るとマーチンゲール法より少しソフトです。

勝ち、負けが交互になる場合はさほど効果が出ませんが、連敗・連勝が続く時に、原点近くをキープしやすい手法です。

実際にそんなに綺麗に交互になることもないですし、勝ち負けは偏ることが多いので効果的な時が多いと思います。

物足りないや熱くなってしまう性格の方にはこれの逆
逆ダランベール法を使うことをお勧めします。その名の通り

勝ったら賭け金を1増やす
負けら賭け金を1減らす

というもの。

上の表をみてもらえるとわかりますが、連勝しないとあまり効果がないのがデメリットです。

どちらも勝っている時でも負けている時でも、資金の増減が緩やかになるのがメリットです。

まとめ

いかがでしたか?
このように多種多様、様々なやり方でトレードの幅を広げることができます。
勝率を上げるために金額をあまり変えずにするのもいいですが、これらの手法を有効に使っていきましょう。

執筆担当

今回の記事はぷっちょが担当させていただきました!
私は大手金融機関にて営業職として働いていた経験があります。
様々な投資商品、資産運用の知識や、トップ営業マンとして表彰された実績を活かして、現在は株やFXを始めたとした投資の運用アドバイザーとして活動をしています。
幅広い資産運用の知識がある私でも、ガッキーが提供している商品に共感を持ち現在ビジネスパートナーとして一緒にお仕事をさせていただいています!
最後までお読みいただきありがとうございました!

===================================
最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回の記事はいかがでしたでしょうか?

Line@の友達追加してくれた方にはもれなく

9大特典を無料プレゼントします!

特典1
スマホ1台でOK!参加無料のプロトレーダー自動売買参加利権

特典2
公式からよりお得すぎる!好条件海外FX口座開設の特別ご招待


特典3
【目指せ億トレ!】初心者でも簡単!裁量トレード入門自動売買システムプレゼント

特典4
ガッキー流トレード手法(EA運用特典)

特典5
【超クローズド】トレードコミュニティ参加利権(EA運用特典)

特典6
超節税対策マニュアル(EA運用特典)

特典7
スタートダッシュ資金マニュアル(EA運用特典)

特典8
有料級ビジネスマインドセミナー音声

特典9
トレーダーになるには必須!FXの情報収集方法


Line登録はこちらからお願いします。


友だち追加